スーパーミリオンヘアーと自毛植毛を比較してみた!

 

 

 

 

薄毛隠しの振りかけタイプ、スーパーミリオンヘアーと自毛植毛を比較しました。薄毛を隠し続けるのか、それとも思い切って植毛をして自分の毛でフサフサにするか。迷うところですよね。

 

それぞれのメリットデメリットがありますので参考にしてみてください。

 

 

価格

 

スーパーミリオンヘアー 5,104円
自毛植毛 1000株で約120万円

 

※自毛植毛のクリニックによって料金は変動します。

 

 

値段は一目瞭然、スーパーミリオンヘアーの方が安いです。計算してみたところ、自毛植毛で1000株移植する分スーパーミリオンヘアーを買うとすると約235個買うことが出来ます。

 

1ヶ月に1個使い切るとして、1年で12本になります。年間どれくらいスーパーミリオンヘアーを使えるか、計算すると19年買い続けることができます。

 

 

 

副作用

 

スーパーミリオンヘアー 抜け毛(ほんの一部でしたが、使ってから抜け毛が増えたという人がいる)
自毛植毛 移植時、ショックロスで周りの毛が一時的に抜ける。後頭部に少しキズが残る。

 

 

メリット

 

スーパーミリオンヘアー 即座に薄毛を隠すことができる。
自毛植毛 隠すのではなく自分の毛でフサフサな状態にできる。

 

 

デメリット

 

スーパーミリオンヘアー 周りにバレる可能性がある。台風の日など強い雨が当たるとバレるので気を遣う。
自毛植毛 移植してない毛は今後も薄くなる可能性がある。最悪移植した毛と既存の毛の間に隙間ができる可能性がある。

 

 

 

比較した結果をまとめると、隠さず自分の毛でフサフサにしたいなら自毛植毛がいいと思いますし、まとめてお金を払うのは厳しいし、隠せればOKという場合はスーパーミリオンヘアーを選んだら良いと思います。

 

金額を見たら自毛植毛1000株分(1000株とは大体2000本〜3000本分)の金額をスーパーミリオンヘアーに換算すると19年でしたので、その間隠し続けるというならスーパーミリオンヘアーでイイと思いますが、続けるのが辛いなら思い切って自毛植毛をしたら良いです。

 

カツラと違って自毛植毛はメンテナンスが必要ないので、日々の手間がかかりません。

 

ですがスーパーミリオンヘアーの場合、毎日ふりかけて整えてというのを繰り返していく必要があります。それを何十年も続けるワケなので、それが苦でないなら良いと思いますが、手間をかけたくないなら自毛植毛の方が良いかと。

 

 

自毛植毛のクリニックの中では親和クリニックというところが評判が良いです。

 

 

親和クリニック新宿の詳細と口コミ!評判はどう?